ついに 念願の世界チャンピオン!!2017 World Masters Games Auckland(後編)

『2017年世界マスターズゲーム オークランド大会』後編です。

競技休息日にはマスターズオリンピックらしく
他の競技観戦で選手達との交流も楽しい。

 大会は300Mハードルで念願の優勝を勝ち獲り、続く400Mも無事に予選・準決勝を通過したところで、中休みの休養日に入りました。
 レースが無いので、他の競技の観戦に行きます。私がいつも出場している陸上競技の国際大会と違って、今回はマスターズオリンピックなので他にも多数の競技が開催されているので、観戦するのも楽しみです。水泳、サッカー、卓球、サッカー、ラグビー等、28競技の中から何を選ぶか…。

次の記事に進む

 新型コロナ感染症の影響で、今年は出場を予定していた陸上競技大会がすべて中止になってしましました。残念!!1レースも走っていません。いつかは再開されると思って、筋トレだけは続けてきたのですが・・・余計に残念です。そこで今回は過去の[…]

Auckland
今日は選手専用のトラベル・パス(公共交通機関が乗り放題)を持って、他の競技の観戦に。

オークランド対岸のノースショア
タカプナビーチは人気のカフェやSHOPが並ぶ市民の憩いの海。

 まずはタカプナ・ビーチ(Takapuna)に。ここはオープンウォータースイミングやカヌー、ライフセービングの会場です。タカプナはオークランド中心部からバスでハーバーブリッジを越えて約25分、対岸のノースショアにある街です。
 バスを降りた通りはお洒落なSHOPやレストランが並んでいます。ビーチは海水浴を楽しむ人々が集まり、音楽ライブなどのイベントも行われてとても賑やかです。美しいビーチを眺められるカフェでのんびり過ごすのもいいでしょう。

©i♡TAKAPUNA
Auckland Takapuna オークランのタカプナ
全長2.8kmにも及ぶ美しいタカプナ・ビーチは1年を通して地元住民の憩いの場となっています。
Auckland Takapuna オークランのタカプナ
街の中心に位置するタカプナ湖の湖畔に建つ別荘の庭にはカモメやアヒル、水鳥が集まってきます。

せっかくオークランドに来たんだから
ビーチの浜辺に座りながらライフセービング競技を満喫。

 さて、試合の方はライフセービングがエキサイティングでした。自分も大学時代に湘南海岸でライフガードをしていたので最高に楽しめました。他にもラグビーやロードレース、重量挙げと大満喫の一日となりました。

World Masters Games 2017 Auckland
ビーチの沖合に見えるのはオークランド最大の火山島 ランギトト島です。
World Masters Games 2017 Auckland
World Masters Games 2017 Auckland
自分も大学時代にライフガードだったので、最高に興奮した観戦でした。真っ青な海が映えてました。
トライアスロン優勝者 エジプト代表の Khaled Elshebokshy 選手。
世界マスターズゲームらしく家族の応援も盛り上がる楽しい雰囲気の表彰式です。


陸上競技もいよいよ後半戦☆☆
絶好調は続く、400Mも優勝!国際大会最高の成績に!!

 いよいよ後半戦です。前半戦では300Mハードルで優勝するのと並行して勝ち進んでいた種目の400Mはいよいよ決勝へ。そして得意とする800Mの予選も始まります。
 まず大会4日目、ついに400M決勝です。準決勝通過タイムは総合で3番目ですが、余裕を持っての”着順通過”となりました。好調は続いています。
 今大会でのライバルはオセアニア勢と想定していました。南半球のニュージーランド開催ということもあり、オークランドは秋に入った季節です。競技シーズンとしても夏を越えトップシーズンを迎え、選手の調整もトップギアが入る時期なのです。一方アメリカやヨーロッパ勢(日本も)にとっては、冬の基礎トレーニングを終え、やっとシーズンを迎えたところでまだ調整段階です。それだけにオセアニア勢の”地元の利”は脅威でした。

 予想通り決勝ではオーストラリアの Wardlaw, John 選手とニュージーランドの Ayson, Peter 選手がスタートから飛び出し、私が後から追いかける展開になりました。400Mは1周がセパレートレーンなので、実際の差は分かりにくいのですが… アウトレーンの選手が飛び出すと、はるか前方に逃げられている感じになります。勝負のポイントは最終コーナーからホームストレートへの流れの作り方です。
 私はインレーンから捲っていきました。先行する選手は最終コーナーで後ろの選手の足音が聞こえてくるのが一番嫌なんです。つい力も入ります。コーナーの出口で先頭に追いついた私はそのままゴール、2種目の400Mも優勝しました! ついに世界選手権2冠獲得です。

Ryuichi SatoWorld Masters Games 2017 Auckland
Ryuichi SatoWorld Masters Games 2017 Auckland
Ryuichi SatoWorld Masters Games 2017 Auckland

 最終種目は800M、過去フランス大会から3大会連続のファイナリスト(決勝進出)でオーストラリア(パース)大会、韓国(大邱)大会では第4位と得意の種目なので期待していたのですが、さすがに体力が残っていませんでした。決勝には進出したものの結果は第3位。惜しくも3冠とはなりませんでした。絶好調だっただけに欲張りすぎましたね。世界選手権第3位なら大満足です。7日間に渡る大会も終了。成績は金メダル2個、銅メダル1個と、念願の世界チャンピオンのタイトルを獲得した記念すべき大会となりました。

Ryuichi SatoWorld Masters Games 2017 Auckland
2017世界マスターズゲーム オークランド大会 金メダル2個、銅メダル1個獲得。

私の活躍を支えてくれた日本食レストラン。
オークランドでは街中で和食が賑わってます。

 今大会 絶好調でした。その活躍を支えてくれたのが現地の日本食レストランです。私は国際大会に出場して、現地に到着すると真っ先に確認するのが日本食堂を探すことです。やっぱり、日本人だから…美味しいご飯(米)が元気の源です。
 オークランドには日本食レストランが大変多くあります。過去に滞在した都市の中でもトップレベルですね。それに種類も、寿司、丼物、麺類…日本式カレー店や総菜バイキングまでありました。

 私が一番お世話になったのが「Japanese Dining You(雄)」です。丼物がいろんな種類があって美味しいのですが、お気に入りは「カツカレー」です。決勝前日の夕食はここでカツカレーをいただけたので、力を発揮して優勝できたと勝手に思ってます。他にも「Renkon」にもお世話になりました。丼物が中心で、味噌カツ丼や天ぷら丼など、ジューシーなタレが地元キューイにも人気のようです。
 長期滞在で、日本の味が恋しくなった時にはおすすめですよ。

Ryuichi SatoWorld Masters Games 2017 Auckland
Japanese Dining You(雄)では大変お世話になりました。一緒に獲った金メダルです。
Ryuichi SatoWorld Masters Games 2017 Auckland
次の世界マスターズゲームは4年後、開催地は日本。世界のライバル達を迎え熱戦を繰り広げたい。
次の記事に進む

 私は日本陸連に登録する陸上競技選手です。 カテゴリーはマスターズクラス。このクラスは、現役の若手選手とは区分して、年代別で分かれたクラスで戦う競技です。皆さんも知っているところではタレントの武井荘選手が40代のマスターズクラス選手です。[…]

次の記事に進む

『自分だけの海外旅行に出かけよう!!』そんな情報ブログです。旅行計画を立てながらもっと情報が欲しい人、出発日直前になって今すぐ現地情報を確認したい、そんな人のために、少しでも役立てたいと願うサイトです。【最新情報:[…]

海外旅行情報を現地から届けます。
次の記事に進む

 イタリア・トリノで開催されていた『2019 European Masters Games(ヨーロッパ・マスターズ・ゲーム)』に出場してきました。 マスターズ・ゲームは4年毎に開催され、全ての競技を網羅したシニア世代のオリンピックです。 […]

ヨーロッパ マスターズ ゲーム トリノ大会 The European Masters Games
WorldTraveRunnerの海外旅行/最新情報をチェック!!
error: Content is protected !!