【マスターズ】ヨーロッパ選手権で優勝!金メダルぶら下げて祝勝会で乾杯!

 イタリア・トリノで開催されていた『2019 European Masters Games』に出場してきました。

次の記事に進む

 イタリア・トリノで開催されていた『2019 European Masters Games(ヨーロッパ・マスターズ・ゲーム)』に出場してきました。 マスターズ・ゲームは4年毎に開催され、全ての競技を網羅したシニア世代のオリンピックです。 […]

ヨーロッパ マスターズ ゲーム トリノ大会 The European Masters Games

イタリア陸上界の歴史を深く刻む名門競技場「 Stadio Primo Nebiolo(プリモネビオロ)」。

ヨーロッパ マスターズ ゲーム トリノ大会 The European Masters Games
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 私が出場した陸上競技は、市内北西部にある Parco Ruffini((ルフィーニ公園)内にある陸上競技場 Stadio Primo Nebiolo(プリモネビオロスタジアム)で開催されました。この競技場は1959年に建造された伝統ある施設で、IAAF(国際陸上競技連盟)でイタリア人初の会長となった Primo Nebiolo氏の名を冠した名門競技場です。

新治療でコンデションは上り調子。
でも鎮痛座薬とスプレー、テーピングの3点セットは必需品。

 この大会へのコンデションは”上り調子”でした。大怪我後に2年間に渡って悩まされていた”腰痛と足底腱膜炎”に、やっと自分に合った治療方法がみつかり、体調は80%くらいまでに回復してきました。まだ痛みはありますが、鎮痛座薬とスプレー、テーピングの3点セットがあれば、恐怖感無く走れる状態にまでなりました。

最初の決勝、800Mは久しぶりの実戦復帰の感覚がつかめた。

 7月26日に開会し12日間に渡ったヨーロッパ選手権大会。私の最初の決勝競技レースは7月30日の「800M決勝」となりました。
 今年のヨーロッパは記録的な暑さに見舞われ、トリノ入りしてから、毎日が猛烈な暑さです。
 でもその分、身体もほぐれ…あとは体力(持久力)勝負の展開になりました。スタートから牽制しあう展開、ほぼ一段となって1周(400M)を過ぎると、バックストレートから4人が抜け出し、最後の200Mの競り合いとなりました。結果は準優勝。トップはロシア代表の ZHURBA Valerii選手。タイムは2秒近く離されてしまいましたが、身体が動く感覚が掴めました。まず、銀メダル1個獲得。

試合ではライバルだけど…レースが終われば最高の仲間!

たった30分の時間差で2レースに出場。
 どちらを取るか?どちらを捨てるか?

ヨーロッパ マスターズ ゲーム トリノ大会 The European Masters Games
試合ではライバルだけど…レースが終われば最高の仲間! !

 そして8月1日。11時50分から300Mハードルの準決勝を迎えましたが、直後の12時25分からの400M決勝と重なってしまいました。どちらか1本に絞るのが賢明かと悩みましたが、300Mハードルのスタートの状況を見て、400M出場の決めることとしました。
 300M準決勝、インコースのスタートとなり他選手の展開が掴めました。100M過ぎには決勝進出順位が確保できそうなリードができたので、そのまま体力温存で流してゴールイン。同組2位で決勝進出を決めました。400M決勝出場を決断して、室内練習場に直行し、消炎スプレーを掛けまくって休息。
 30分程で、いよいよ400M決勝スタートです。得意の種目だけに力が入ります。今度は第3レーンのスタート。外側の選手の流れを見ながら、余裕を持って最終コーナーを抜けようとしたところに、予期しなかったインコースの第1レーンから飛び出してきたドイツ代表の MICHELCHEN Reinhard選手に差されてしまいました。また準優勝。これはちょっと悔しかったレースとなりました。

大会最終日。
タイム差0.04秒、200Mは写真判定の勝利に胸熱のゴール!!

 そして大会最終日の8月2日、今日も2レースです。9時20分から200M決勝。連戦の疲れは残っているものの、朝の涼しいうちのレースで気分は軽いです。第4レーンのスタート。最終コーナーを出たところで第3レーンのトルコ代表 OZKAN Ercan選手に1m弱の差をつけられて直線コースに。とにかくあとは全力疾走!!!ゴール前約20mでかわして、そのままゴールイン。優勝!!!。タイム差はわずかに 0.04秒。ほんの胸の差でした。国際大会久しぶりの金メダルです。

ヨーロッパ マスターズ ゲーム トリノ大会 The European Masters Games

この数年で最高のレース展開。
ヨーロッパ・チャンピオンのタイトルを獲得!!

ヨーロッパ マスターズ ゲーム トリノ大会 The European Masters Games
ヨーロッパ マスターズ ゲーム トリノ大会 The European Masters Games
ヨーロッパ マスターズ ゲーム トリノ大会 The European Masters Games
ヨーロッパ マスターズ ゲーム トリノ大会 The European Masters Games

 あと残すは、前日400M敗退の代わりに手に入れた300Mハードル決勝。12時35分のスタートです。
 休養時間はたっぷりと4時間。いままで連戦を戦い抜く経験は数多く踏んできたので、その術を生かしました。直前のレースのリカバリーには「アミノバイタル・ゼリードリンク」で急速補給。筋肉疲労を緩和するために消炎スプレーとKOOLSEN フォームローラーでのマッサージ。ひと眠りした後は「アミノバリュー」の水分補給。そして試合に向けたエネルギーチャージは、私の場合「井村屋の一口羊羹」です。お腹の空き具合と体重コントロールの微妙なバランスを見計らって、食べる量を調整します。(やっぱり体重を1gでも軽くレースに臨みたいんです)
 300Mハードル決勝は炎天下の12時35分スタート。この熱射の下での勝負は持久力。私は第3レーン。隣りの第4レーンが本命のチェコ代表 HOVORKA Bohumil選手でした。インコースの利を生かしながら100m~200mのコーナーではすぐ後ろにつけます。そして直線コースに入った第6ハードルで、少し手前から跳び出し早めに着地、一気に全力疾走に移りました。
 そのまま差をつけてゴールイン。優勝しました。2位との差は0.14秒。400M決勝で逆転負けをくらったパターンのお返しの展開となりました。


勝利の美酒は、やっぱり泡系ですね。
地元ピエモンテだからアスティで美味しく乾杯!!

 これで全レース終了。金メダル2個、銀メダル2個と出場全種目の入賞。国際大会では久しぶりの成績となりました。
 新しい治療法に出会い、体調も回復しつつある中で、今大会は「レースの読みと展開の駆け引き」で勝てた試合でした。自分としては、新しい力を身に付けた感じです。滅茶苦茶な猛暑の中、体力的には大変な大会でしたが、精神的にはとても充実した大会となりました。
 全レース終了後の夜はお酒も解禁。地元で大人気のレストラン「ristrot guviol」に出掛け、ピエモンテ名産のアスティ・スプマンテで祝杯、思いっ切り呑み干しました。まさしく勝利の美酒を味わいました。応援していただいている皆さん、ありがとうございました。

ヨーロッパ マスターズ ゲーム トリノ大会 The European Masters Games
ヨーロッパ マスターズ ゲーム トリノ大会 The European Masters Games
ヨーロッパ マスターズ ゲーム トリノ大会 The European Masters Games
帰国便のANAでは、キャビンアテンダントの皆さんからお祝いのドルチェをいただきました!!
次の記事に進む

 私は日本陸連に登録する陸上競技選手です。 カテゴリーはマスターズクラス。このクラスは、現役の若手選手とは区分して、年代別で分かれたクラスで戦う競技です。皆さんも知っているところではタレントの武井荘選手が40代のマスターズクラス選手です。[…]

次の記事に進む

『自分だけの海外旅行に出かけよう!!』そんな情報ブログです。旅行計画を立てながらもっと情報が欲しい人、出発日直前になって今すぐ現地情報を確認したい、そんな人のために、少しでも役立てたいと願うサイトです。【最新情報:[…]

海外旅行情報を現地から届けます。
ヨーロッパ マスターズ ゲーム トリノ大会 The European Masters Games
WorldTraveRunnerの海外旅行/最新情報をチェック!!
error: Content is protected !!