タンペレのムーミン美術館すべて紹介!絵本の世界を体験する世界唯一の美術館。ここにしかない特製グッズをお土産に。

タンペレで一番の人気観光スポット「ムーミン美術館 」にはいつも笑顔が溢れてます😊😊😊

 フィンランドを象徴するシンボルといえば「ムーミン」ですね。そのムーミンと作者「トーベ・マリカ・ヤンソン(Tove Marika Jansson): 1914年8月9日-2001年6月27日)」に関する約2,000点もの所蔵品を展示する、世界で唯一の『ムーミン美術館(Muumimuseo)』がタンペレにあります。この街を代表する人気施設です。
 フィンランドを代表する作家トーベ・ヤンソンによって誕生したムーミンの絵本の世界をそのままに体験できます。

タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)

 中心となるのが「青い5階建てのミニチュア・ムーミンハウス」このミニチュアハウスは1970年代後半に、トーベ・ヤンソン の生涯のパートナーであり、グラフィックアーティストであったトゥーリッキ・ピエティラらによって作られました。 
 完成時はプラチスラヴァのビエンナーレに飾られていたのですが、1980年代に入ると北欧諸国へのツアーによって各地で展示されていました。1986年に常設の美術館に設置され、ムーミン谷を題材にした絵本の世界をそのまま再現するムーミン美術館のシンボルとなってきました。その後2017年に現在のタンペレホールに移転し、リニューアルでさらに充実した展示となり、世界中から観光客を集めています。

 美術館のシンボルともいうべき 「青い5階建てのミニチュア・ムーミンハウス」 。トーベ・ヤンソン の生涯のパートナーでありグラフィックアーティストであったトゥーリッキ・ピエティラらによって作られました。
(©ムーミン美術館公式HPより引用しました)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「Sorsapuisto公園のムーミン像」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 美術館はタンペレ駅東側(ホーム5番線側の出口)に出て、線路沿いに100m直進、左折すると正面に見えてきます。徒歩5分弱です。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 美術館が入るタンペレ・ホール、連なって右側がマリオットホテルです。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 正面入り口を入ると、すぐにショップ、受付と続きます。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 正面入り口。上の液晶看板の表示は催し物によって変わります。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 開館案内表示。右下に日本語版があるのが嬉しいですね。それだけムーミンと日本は深いつながりなんです。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 入口横になぜかスウェーデン領事館のマークが掲示してありました。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 入口でもらえる美術館パンフレット、各国版が用意されています。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 トーベ・ヤンソン(左)と弟のラース・ヤンソン。 ©Moomin CharactersTM.から引用

ムーミン美術館の入場マニュアル📑チケット、ロッカー、営業時間、無料入館日情報まで。

 タンペレ・ホールの建物に入ると左側にチケット売り場があります。まずチケットを購入。
 ちなみにムーミンは日本で初めてアニメ化されたので、日本とムーミンのつながりはとても深いです。ムーミン美術館には世界の中でも日本人のムーミン・ファンが多く訪れるので、ここでは日本語が通じます。案内板もそうですが、入り口には日本人のガイドさんもいますよ。(時間帯により交代制です)迷うことはありません。
 美術館は2階建てなので、大きな荷物はメインロビー右側のクロークに預けましょう。(雨具等も展示作品を保護するために持ち込めません)
 なお、ムーミン美術館の中にはトイレがありません。ミュージアム・チケットは 6 時間有効なので、外(ロビーホール)のトイレを利用します。また、レストランで食事をしたりして、また戻ってくることもできます。

タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 入口を入ったロビーホール、この辺からワクワクしてきますね。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 入場チケットの購入は左手のチケット・カウンターで。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 チケットにまで日本語表記。想い出のお土産になりますね。

■入場料金
大人: 13 €、子供: 6 €(7歳未満無料)、学生:9 €
※毎月最終金曜日15時以降は閉館まで無料で入場できます。

■開館時間
火・水: 9時~17時、木・金 9~19時、土・日: 10~17時
月曜日は休館日

タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 チケットカウンターの奥で迎えてくれるムーミン。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介・ロッカー【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 通路右側にクロークと並んであるコインロッカー。利用料は1日1€でした。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 美術館に入る前の通路左側の休憩スペース(無料)。奥にある本棚の本は自由に閲覧できます。

入館したら撮影コーナーで記念写真📸本棚から日本語ガイドブックをもらいましょう🔰

 美術館の入口は、メインロビーを進んだ右側、緑色の柱のそばにあります。チケットをバーコードリーダーに提示すると、ドアが自動的に開きます。入館すると、すぐ左手の本棚に「美術館内のガイドブック」があります。各国の訳ですので、日本語版を取りましょう。迷った場合は、入口付近にガイドさんがいるので、質問ができます。
 そして、入館してすぐ左手が撮影コーナーです。美術館内は原則撮影禁止ですが、この入口脇だけはOKです。ムーミンを背景にしながら記念写真を必ず撮りましょう。

タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 通路中央のムーミンの看板の右側が美術館の入口です。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 入口の左右に設置されたチケット・バーコードリーダー。かざすと扉が開きます。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「たのしいムーミン一家(Trollkarlens hatt)」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 美術館の玄関に飾られている絵画は1948年に出版された「たのしいムーミン一家(Trollkarlens hatt)」の表紙画です。横長いっぱいに迫力ありますね。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「たのしいムーミン一家(Trollkarlens hatt)」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 大きいけれど、上手く撮れました。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「たのしいムーミン一家(Trollkarlens hatt)」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 反対側からも…。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 入口を入るとすぐ左側にある撮影コーナー。原則的に館内は撮影禁止ですが、ここではOKです。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 入口脇の本棚には館内の案内ハンドブックが、日本語版もありますね。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
  美術館内のガイドブックと記念写真です。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 ガイドブックを持って館内を回ることができます。番号順にムーミン作品の絵本や小説の世界がジオラマで再現されています。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 日本語版ガイドブックでも記念撮影。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 このコーナーでムーミンと一緒に記念撮影ができます。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 子供たちがとても嬉しそうに、かわりばんこに記念写真撮ってました。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 もちろん・・・自分も記念に1枚。

体験型美術館?ジオラマで巡るムーミンの世界🏡音声ガイドはトーベ・ヤンソン自身の録音🔊

 見学です。(残念ながら撮影禁止のため、撮った写真がありません)公式の写真と私のコメントで想像してみてください。
 館内はムーミンの小説9冊と、絵本3冊の計12冊をもとにした新しいタイプの体験型美術館となっています。所蔵作品数は約2000点ですが、ただの陳列ではなく、観客も一緒にムーミンの世界を巡る旅をします。「小さなトロールと大きな洪水」(1945年)から年代順に、子どもの頃の楽しい思い出を詰めた「たのしいムーミン一家」(1948年)、ムーミントロールの自立を描いた「ムーミン谷の冬」(1957年)、登場人物たちがとてもいとおしくなる叙情的な「ムーミン谷の十一月」(1970年)等…。
 それぞれの作品(原画)を通して、トーベ・ヤンソンの投げかけたい気持ちや画のタッチの変遷を追っかけていくことができる展示になっています。
 展示の中心となるのが、トーベの生涯のパートナーであり、グラフィックアーティストであったトゥーリッキ・ピエティラらによる立体模型。ムーミンの物語の世界(絵本や小説)を一つずつ再現したミニチュアハウスやジオラマが並びます。それぞれに音声ガイダンス(日本語もあります)が付いていて、その情景の絵本を読み聞かせてくれます。スウェーデン語の声は、トーベ・ヤンソン自身の録音です。まるで絵本をめくるようにワクワクした展開が楽しめますよ。
※ここで載せた館内の写真は、(撮影禁止だったので)ムーミン美術館の公式写真を引用しました。

 ムーミン美術館公式ホームページは日本語版もあります。 (©ムーミン美術館公式HPより引用しました)
(©ムーミン美術館公式HPより引用しました)
 館内は2階建てです。上の階からの風景。真ん中にあるガラスのケースが「物語を再現したジオラマ」です。右側のボタンを押すと音声ガイダンスで、絵本の読み聞かせをしてくれます。 (©ムーミン美術館公式HPより引用しました)
 ハンナ・ヴィヒリアラ作「ムーミン谷の彗星」。描かれた彗星をイメージしたオブジェには約20万個のビーズが用いられています。 (©ムーミン美術館公式HPより引用しました)
 奥の額に入っているのが原画です。年代別の画のタッチの違い等、見比べてみると楽しいですよ。(©ムーミン美術館公式HPより引用しました)
 ジオラマの風景、今にも走り出しそうなムーミン。精密に、そして生き生きと再現されています。(©ムーミン美術館公式HPより引用しました)
 途中にある影絵遊びのドーム。中に入って自分の影を映すと、角が生えたり、カタチが変化して結構楽しいアトラクションです。(©ムーミン美術館公式HPより引用しました)

美術館のシンボル✨ムーミン屋敷を精密に再現、ミニチュアハウスの奥に秘密の部屋を発見🧐

 中でも一番のミニチュアハウスは、1976年〜79年の3年間にわたって制作されたムーミン屋敷の立体作品です。5階建ての2m50cmもの大きさで美術館のシンボル、本人たちも夢中になって取り組んだ力作で、サウナや貯蔵室のある地下室、船の形をしたムーミンパパの部屋、秘密の通路等…、ヤンソンが思い描いたワクワクするアイディアがたくさん詰め込まれています。

 週末には無料のガイドツアーもあります。基本的にはフィンランド語か英語の案内ですが、日本人のガイドさんもいました。(©ムーミン美術館公式HPより引用しました)
 ワークショップも併設されていて、子供達が楽しみながら創作活動をしていました。(©ムーミン美術館公式HPより引用しました)
 展示の制作風景。(©ムーミン美術館公式HPより引用しました)
 キャラクターたちがたくさん出迎えてくれます。(©ムーミン美術館公式HPより引用しました)
 美術館の見学を通して…辛い戦争の時代を乗り越え、社会に残る固定観念と葛藤しながらアーティストとして自由に生きることを選択したトーベ・ヤンソンの半生を見たような気がします。彼女の強く優しく開かれた志は、次代の美術館にもしっかりと受け継がれていました。(©ムーミン美術館公式HPより引用しました)

他にもたくさんのオプション:ワークショップで自分だけのお土産作り🔨🎨

 美術館ではムーミンの世界をもっと身近に感じらながら楽しんでもらおうと、いくつかのプログラムを用意しています。「ワークショップ」はプライベート工房です。事前に団体予約が必要ですが毎日12時から16時の間、専任のスタッフが来場者の手助けをしてくれます。ムーミンにちなんだ作品を作ってお土産にしましょう。教えてくれる技法は「水墨画」「ガッシュ画(不透明水彩)」「彫刻」「コミックアート」等、その他に心を落ち着かせ、ストレスをシャットアウトして制作に集中するための「瞑想ワークショップ」まであるようです。特にガッシュ画はムーミン絵本の表紙画に使われている技法です。こんな機会に触れてみるのはいかがですか?
 もっと気軽に参加できるのが「無料ガイドツアー」です。週末だけですが、土日曜日の11時にフィンランド語、13時から無料の館内ガイドツアーが始まります。所要時間は約45分ですが、終わったらゆっくり自分のペースでじっくり観覧もできます。

■ワークショップ
ワークショップアトリエが併設されています。常駐するスタッフがアドバイスをしてくれて自分の作品を作ることができます。アトリエは美術館開館日の12時から16時の間にオープンしています。

■無料のガイドツアー
毎週末の土・日曜日 11時(フィンランド語)、13時(英語)
所要時間は約45分

タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)

世界でココだけにしかない美術館限定のオリジナルグッズ🎁とても楽しいお土産選び🥰

 美術館の見学を楽しんだら、次はショッピング。入り口の脇にスーベニア・ショップがあります。( ショップへの入場は無料です)
 絵本や人形、ドールハウス、キーホルダー、ポストカード、食器、お菓子まで…迷うほどたくさんのグッズが並んでます。ムーミンファンにはたまらないですね。
 中でも一番の人気は、ここに来ないと買えない「ムーミン美術館限定のオリジナルグッズ」です。美術館入口の壁画「たのしいムーミン一家(Trollkarlens hatt)の表紙画」をデザインしたチョコレート、ティーバッグ等が人気のお土産ですね。
 私が特におすすめなのは横長の特大サイズの「美術館特製絵ハガキ」です。購入したら必ず美術館のポストに投函しましょう。1週間ぐらいで日本に着きますよ。それも、 ムーミン美術館限定の消印付きです。とても記念に残るお土産になるはずです。

タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
  スーベニア・ショップ入り口はチケットカウンターのすぐ左側。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 ワゴンコーナーはやっぱりお買い得品?
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 ムーミン・スタンドライトを飾ったら和みそう。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 ムーミンのドールハウスは持って帰れるのかなぁ?
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 絵本コーナーは図書館のようです。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 定番のキーホルダーに缶バッジ。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 これなら…持って帰れそう。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 オリジナル・マグカップを集めてる人多いですよね。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 さっき美術館で見てきたシーンが蘇ってきます。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 ホーローマグカップも美術館特製オリジナルです。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 オリジナルのティーバッグは軽くて、バラマキ土産には最適。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 こちらも美術館オリジナルのマグカップ。シンボルの絵画柄ですね。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 このマグカップは隣のレストラン「TUHTO」でも使われてます。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 これが一番人気お土産のチョコレートです。美術館の入口の壁画のパッケージ、2個合わせると1枚の絵画になります。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 お土産に買って帰って、こんな風に飾ってます。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 横長特大サイズのオリジナル絵葉書。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「美術館オリジナル絵葉書」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 自分で買った絵葉書は自宅に送りました。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「美術館オリジナル絵葉書」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 ショップに切手も売ってます。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「美術館オリジナル絵葉書」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 切手を貼ったら(絶対に)美術館ホールにあるポストに投函しましょう。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「美術館オリジナル絵葉書」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 日本に届いた絵葉書には「世界で1つのムーミン美術館ポストの消印」が押されていますよ。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 子供たちは自宅の絵本コーナーのように楽しんでました。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「スーベニア・ショップ」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 手前のスタンドの最上段にあるのが特製オリジナル絵葉書です。

レストラン「TUHTO」では 人気の Moomin Menu🥗🍴🥂ランチ・ビュッフェがとてもおすすめ。

 ムーミン美術館には隣にレストラン「TUHTO」が併設されてます。でも併設なんて言えない程、美味しくて素敵なレストランですよ。
 レストランは公園に面してガラス張りのとても明るく開放的なデザインです。広いテラス席もとても眺めが良く、お腹を満たすだけではなく、雰囲気も楽しめる空間です。

 メニューには「Moomin Menu」があります。残念ながら私は注文しなかったのですが、お店のホームページにメニューの説明が載っていたので紹介します。(Google翻訳です)
【Moomin Menu】45€ 
サーモンのクリーミースープ
牛サーロインステーキと赤ワインソース、マッシュルームパイと根菜のロースト
クォーク(白チーズ)のパンケーキ、コニャックストロベリーのジャム、ホイップクリーム添え
 どれもタンペレ地元産のサーモンや牛肉、タンペレホールの屋上庭園で育てた新鮮な野菜を使った、ムーミンもお気に入りの逸品と紹介されています。

タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 ムーミン美術館の左手にガラス張りの「TUHTO」が公園に向けて建ってます。
 温室のようですね。北欧の優しい陽射しでも十分に過ごしやすい室内です。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 美術館内部からの入口、正面にはSorsapuisto公園が広がります。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 夜はこの白いピアノで演奏があるのでしょうか?清潔感の高い店内のデザインです。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 ランチ営業中。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 ビュッフェランチは11€、スープランチは10€です。前払い。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 とにかく明るい店内。北欧建築らしい気持ち良い空間です。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 シンプルだけど素敵な北欧家具のレイアウト。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 とにかく射し込む日差しが温かくて優しい。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)

ビュッフェ・ランチは絶対おすすめ!食べ放題の北欧料理がたったの11€🤤お得感もたっぷり

 私が注文したのはランチ・メニューです。コレ絶対のおすすめです。(滞在中に3回も利用しました)
 平日(火~金曜日)の11時~14時の間はビュッフェ・メニューになります。メイン・ビュッフェは11€、スープ・ビュッフェは10€です。日替わりのメイン肉料理、魚料理が並び、野菜やスープも手の込んだメニューです。どれも美味しかったですが、ボリュームもたっぷりあったので、大満足でした。物価の高いフィンランドではとてもお得なメニューですよ。

タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 ランチメニューの内容はホームページに載っています。好き嫌いをチェックしてから出掛けましょう。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
  毎週のランチメニューは前の週に掲示されます。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 日本語に訳してみました。この価格はタンペレ市内では絶対に安いですよ。北欧ではマクドナルドでも2000円ぐらいします。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 すべて食べ放題です。つい山盛りになってしまいますね。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 はじめに日替わりスープをたっぷり注いでます。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 この日はタンペレ名物のサーモンスープでした。ほっこり。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 本日のメインの肉料理。ビーフの焼き具合が好みで2個取りました。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 美術館のあるタンペレホールの屋上農園で栽培された新鮮野菜も食べ放題。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 フィンランドの定番料理「ミートボールのクリームソース添え」優しい美味しさです。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 フィンランドではジャガイモ料理もサイドメニューの定番ですね。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 みんなの楽しい雰囲気も一緒に味わいながらのランチ。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 ちょっと盛り過ぎました。ビュッフェだとつい欲張ってしまうんですよね。でも、美味しくて即完食です。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 フリードリンクのコーヒー・紅茶サーバーに置いてあるマグカップは美術館特製です。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 マグカップはお土産ショップで売っていますよ。記念にどうぞ。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 デザートにビスケットも。マグカップの右側面。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 マグカップの左側面。食後もついゆっくりしてしまいます。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 このレストランやっぱり子供が多いです。食事が終わると遊び時間を楽しんでました。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 レストランの名前「TUHTO」はムーミンの物語の中に度々出場する「小船」のことです。だから店内やテラスにも木製の小舟がたくさん並んでます。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 子供の頃からずっとムーミンのそばで育つ子供達はやっぱり一番のサポーターですね。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 店内にもいろいろなムーミン作品が飾られています。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 外観はこんな感じ。手前のテントはテラス席です。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 フィンランドの夏は清々しい風が吹きます。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 タンペレの街は花が多いです。もちろんレストランにも。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「レストランTUHTO」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 この日はテラス席でランチ。そしてやっぱり盛り過ぎました(^^; スープは海老が溶け込んでいて…美味しかったなぁ。

美術館となりの Sorsapuisto公園 ではムーミン像(実物大?)と記念写真が撮れます📸✨

タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「Sorsapuisto公園のムーミン像」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 レストランのテラス席から見えるSorsapuisto公園に設置されたムーミン像。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「Sorsapuisto公園のムーミン像」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 子供たちに大人気です。この日も姉妹で一緒に遊んでいました。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「Sorsapuisto公園のムーミン像」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 こんな光景を眺めながらのランチです。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「Sorsapuisto公園のムーミン像」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 滅茶苦茶 可愛いですね。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「Sorsapuisto公園のムーミン像」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 ムーミンだけも撮っておきました。みんなが触るからピカピカに輝いてます。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「Sorsapuisto公園」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 続くSorsapuisto公園も遊技がたくさんで子供たちの歓声がこだましてました。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「Sorsapuisto公園」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 フィンランドは子供が多いなという印象をいつも受けます。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「Sorsapuisto公園」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 数が多いのか、子供を大切に育て一緒に楽しんでるシーンが多いのか…見習いたい文化です。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「Sorsapuisto公園」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 さっきムーミン像と遊んでいた姉妹が今度はこちらに。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「Sorsapuisto公園」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 子供も親も本当に楽しそう。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「Sorsapuisto公園」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「Sorsapuisto公園のムーミン像」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 ムーミンがいつも見守る Sorsapuisto公園 。
タンペレのムーミン美術館(Muumimuseo)完全紹介「Sorsapuisto公園のムーミン像」【最新2022】コロナ明けのフィンランド旅紹介します。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー)
 ついでだから後ろ姿も。見送ってもらいました。「明日もランチ食べに来ますね。」
【最新2022】コロナ明けのフィンランド(タンペレ)へ

 コロナパンデミックでお休みしていた海外旅。再開後の最初の訪問地はでタンペレ(Tampere)です。 タンペレはフィンランドを代表するテキスタイル「フィンレイソン」が生まれた工業都市として、 フィンランド第2位の都市(人口36万人)へと発[…]

【最新2022】コロナ明けのフィンランド(トップ)へ

楽しみにしていた2年半ぶりの海外旅行。コロナ禍とウクライナ侵攻で大混乱の世界が待っていた。 コロナ禍で規制されていた海外旅行。コロナ明けで2年半ぶりの行く先はやっぱりフィンランドになりました。約1カ月、自分の足で確かめた最[…]

【最新2022】コロナ明けのスイスアルプス縦断へ

コロナが緩和され…夏休みに溜まってしまった海外旅情報、一気に投稿します。 コロナ規制が緩和されつつある中、一気に海外旅してしまったので・・・投稿したい情報が大量に溜まってしまいました。とりあえず6月から7月にかけてのフィンランドと[…]

目次はこちら

行った人にしかわからない海外旅行情報を最新版で届けます。   私は現在、世界一周旅行進行中です。今まで200回近い海外旅行をしてきましたが、初めての世界一周旅行です。私の場合…仕事の合間を縫っての海外旅行なので、事[…]

プロフィール紹介

『自分だけの海外旅行に出かけよう!!』そんな情報ブログです。旅行計画を立てながらもっと情報が欲しい人、出発日直前になって今すぐ現地情報を確認したい、そんな人のために、少しでも役立てたいと願うサイトです。【最新情報:[…]

海外旅行情報を現地から届けます。
WorldTraveRunnerの海外旅行/最新情報をチェック!!
error: Content is protected !!