【パリ❶】パリは観光にもショッピングにも、トランジットにも最適。何度も訪れた”パリの街歩きのヒント”を紹介します。

《ちょっとTrip:たくさん溜まってる過去旅をダイジェストで紹介します。
 現地情報は最新を調べて更新してありますよ。》

ローマ観光を満喫した後は、パリを経由しての帰国便。スイスアルプスの絶景に感動🛫

 ローマ観光を満喫して帰国です。トランジットはパリにして、ルーブル美術館も見学してから帰ります。ローマの宿ホテル・アトランティコをチェックアウトして、テルミニ駅からローマ・ファウチミーニ空港へと移動してパリへ。

ローマからスイスアルプスを越えてパリに移動します。rome paris Swiss Alps
早朝のテルミニ駅前。まだ通勤時間帯前ですね。
ローマからスイスアルプスを越えてパリに移動します。rome paris Swiss Alps
ローマからスイスアルプスを越えてパリに移動します。rome paris Swiss Alps
ローマからスイスアルプスを越えてパリに移動します。rome paris Swiss Alps

 プライオリティパスの空港ラウンジ利用で、この時は「IMOSAICI VIP LOUNGE」を利用しました。
現在(2022年1月)のプライオリティパスのラウンジは「Prima Vista Lounge」になっています。第3ターミナルのエアサイドで、サテライトシェンゲン圏内(ゲートE41近く)と圏外(ゲートD3近く)の2カ所になっています。

ローマからスイスアルプスを越えてパリに移動します。rome paris Swiss Alps
パリへはアリタリア航空を利用。シェンゲン協定内だから国内線みたいなものですよね。
ローマからスイスアルプスを越えてパリに移動します。rome paris Swiss Alps
楽しかったイタリアともお別れ。
ローマからスイスアルプスを越えてパリに移動します。rome paris Swiss Alps
スイスアルプスを越えてパリに向かいます。快晴の空が雪面に映って真っ青で眩しいくらいです。
ローマからスイスアルプスを越えてパリに移動します。rome paris Swiss Alps
上空から眺めながら「次はスイス氷河特急に乗ろう」と決めた美しいスイスアルプスの山並み。
ローマからスイスアルプスを越えてパリに移動します。rome paris Swiss Alps
フライト約2時間でパリ=シャルル・ド・ゴール空港に到着。
ローマからスイスアルプスを越えてパリに移動します。rome paris Swiss Alps
ローマからスイスアルプスを越えてパリに移動します。rome paris Swiss Alps
PER (イル・ド・フランス:近郊高速鉄道)を利用して市内へ。乗車時間は約30分、10~20分間隔。最近はスリや置き引きの被害が多いみたいなので気をつけて。
パリ旅のお得情報。パリの中心部に泊ってルーブル美術館やショッピングを満喫する。「Hôtel Duminy Vendôme」がおすすめです。Paris
この日は、残念ながら事故で鉄道が途中でストップ。到着が夕方になってしまいました。

私が選んだパリおすすめ№1ホテル 「Hôtel Duminy Vendôme」

 今回の宿泊は「Hôtel Duminy Vendôme」です。選んだポイントはロケーション。パリは観光地が中心部に集中しているので、観光の拠点になるような便利な場所のホテルを手配したいです。でもパリはホテル代も高いので、なかなかバランスの取れたホテルを見つけるのが大変ですよね。
  結果的に「Hôtel Duminy Vendôme」 はベストに近いホテルでした。その理由は…

パリ旅のお得情報。パリの中心部に泊ってルーブル美術館やショッピングを満喫する。「Hôtel Duminy Vendôme」がおすすめです。Paris
パリ旅のお得情報。パリの中心部に泊ってルーブル美術館やショッピングを満喫する。「Hôtel Duminy Vendôme」がおすすめです。Paris

パリでは貴重な最高のロケーション。窓から眺める路地裏の雰囲気も素敵な想い出になります。

 「Hôtel Duminy Vendôme」を選んだ一番のポイントはロケーションの良さです。
 パリ市街は19世紀半ばに行われた「パリ大改造(都市整備事業)」によって、エトワール凱旋門から放射状に12本のブールヴァール(街路樹のある大通り)が配置され、現在の街並みの骨格ができあがり歴史ある街を守ってきました。その後世界大戦を経て各国に高層ビルの時代を迎えると、パリは1977年に建築規制法を改定し高層ビルの高さ制限が緩和されます。しかしそれはパリ市の外周道路を境にしたもので、逆にパリ中心部は最大でも37m(再開発区域)に制限され、歴史的地区ではより厳しい規制がかけられることになったのです。
 つまりパリ中心部には大型ホテルが建てられないのです。有名な観光地が市の中心部に集中しがちなパリで、どこにも近いホテルの部屋は限られているんですよね。それも手頃な料金ならなおさらです。
 「Hôtel Duminy Vendôme」 があるのは、チュイルリー庭園からヴァンドーム広場に1本路地を入った所。まさにパリのど真ん中(1区)です。ルーブル美術館に行くのも、ギャルリーラファイアットへのショッピングにも、オペラ座での観劇の後に飲んで帰っても…すべて徒歩圏内です。コレって、本当に凄いポイントですよ。その代わり、少し部屋が狭かったりします。でも、そんなことは全く問題にならないロケーションの良さです。

(※私が泊まった時は少し設備が古いかな?と感じたところもありました。ところが、今回の投稿で確認したところリニューアルで再オープンしてました。後半に改装後の現状も載せましたよ。)

パリ旅のお得情報。パリの中心部に泊ってルーブル美術館やショッピングを満喫する。「Hôtel Duminy Vendôme」がおすすめです。Paris
コストパフォーマンス最高の立地です。もちろんもっと高い料金なら選べるホテルもありますが…。
パリ旅のお得情報。パリの中心部に泊ってルーブル美術館やショッピングを満喫する。「Hôtel Duminy Vendôme」がおすすめです。Paris
パリ旅のお得情報。パリの中心部に泊ってルーブル美術館やショッピングを満喫する。「Hôtel Duminy Vendôme」がおすすめです。Paris
パリ市街の路地裏に佇む雰囲気が心地良いエントランス。
パリ旅のお得情報。パリの中心部に泊ってルーブル美術館やショッピングを満喫する。「Hôtel Duminy Vendôme」がおすすめです。Paris
内装はちょっと古さを感じてましたが…(改装後はだいぶ変わってます)
パリ旅のお得情報。パリの中心部に泊ってルーブル美術館やショッピングを満喫する。「Hôtel Duminy Vendôme」がおすすめです。Paris
パリ旅のお得情報。パリの中心部に泊ってルーブル美術館やショッピングを満喫する。「Hôtel Duminy Vendôme」がおすすめです。Paris
ベッドが大きいこともあり、ちょっと狭いです。トランク開くのが精いっぱい。
パリ旅のお得情報。パリの中心部に泊ってルーブル美術館やショッピングを満喫する。「Hôtel Duminy Vendôme」がおすすめです。Paris
パリ旅のお得情報。パリの中心部に泊ってルーブル美術館やショッピングを満喫する。「Hôtel Duminy Vendôme」がおすすめです。Paris
窓からの眺めはパリの中心部という感じ。私は好きです。(改装後もこの景色は変わっていないでしょう)
パリ旅のお得情報。パリの中心部に泊ってルーブル美術館やショッピングを満喫する。「Hôtel Duminy Vendôme」がおすすめです。Paris

リニューアルしてモダンな雰囲気になり、より魅力度を増した「Hôtel Duminy Vendôme」

 今回、パリ情報をブログ掲載するのに最新情報を確認したところ、「Hôtel Duminy Vendôme」 がリニューアルしていました。立地が最高のホテルが建物も近代的に綺麗になって…私的にはもう欠点が無いくらいですね。
 そこで、ホテルの公式ホームページから”ホテルからのメッセージ”をそのまま転載しました。

『 “Hôtel Duminy Vendôme” からのメッセージ(原文のまま)
 デュミニーヴァンドームホテルは、首都の中心部パリ1区にて皆様をもてなします。有名なヴァンドーム広場とチュイルリー公園の中間に位置する、4つ星のホテルです。パリの、夢のような滞在先です! 
 当ホテルはコンコルド広場、マドレーヌ寺院、ルーブル美術館、グラン・パレその他さまざまな観光スポットにも至近です。劇場、レストラン、映画館など、最高の夜をお約束します。 
 光と愛の都・パリは、ファッションの都でもあります。ハウスマンのデパートで、ショッピングの一日をお楽しみください。シャンゼリゼを歩いて、フォブール・サントノレ通りのシャネル、ディオール、ルイヴィトン、クリスチャンルブタンといった、ラクジュリーブランドをご覧ください。 
 皆様をお迎えし、思い出に残る滞在をご提供しますよう、従業員一同がとっておきの場所を共有いたします。


公式ホームページもリニューアルして素敵になりました。言語に日本語が選べるのも嬉しい。©公式HP
部屋の広さは変わらないようで、この部屋は広い方です。
バスルームは見違えるくらい明るく綺麗になりました。
ロビーの雰囲気はがらりと変わってモダンな雰囲気になってますね。
各部屋はこの中庭側に面したタイプと、モンタボ―ル通り側が眺められるタイプがあります。
ダイニングは雰囲気を残していますが、内装はだいぶ明るくなりましたね。
リニューアルでとても素敵になりましたが、以前に泊った時の雰囲気も残っています。
 ホテル提供の写真を見ただけですが、実際のホテルもきっとこんな感じだと思います。最高の立地でこのような最新の設備なら、絶対のおすすめホテルだと思いますよ。私は次回のパリ旅でもこのホテルを予約するでしょう。

コレって…もしかしたら…バンクシーだった?

 実は…今回の投稿のために、以前のパリ旅行の写真を整理していたところ、こんな風景写真を見つけました。
 この壁画って『バンクシーの作品』じゃないかな?って思ってます。2010年のパリ旅の時に、場所は確かホテルからヴァンドーム広場に向かって歩いた途中の建物の壁面だったと思います。その頃はバンクシーの知識が無かったので…単純に面白いなと感じて撮ったみたいです。どうでしょう?
 ちなみにバンクシーは Wikipediaによると…2000年代初め頃から活動を始め、当初はイギリスやアメリカ、パレスチナの周辺に作品が残っているようです。パリでの最初の作品の記録はどこにも載っていませんでした。
 自分で勝手にバンクシー作品だと思っていましょう。

コレって…もしかしたら…バンクシーBanksy?以前パリで撮った写真を見返してみると…

 続きのブログでは「ルーブル美術館でモナリザやニケ像を独占して映え写真を撮る方法」を投稿します。いつも大混雑するルーブル美術館に誰よりも早く入場して、真っ先にモナリザやニケ像に到着する近道です。

ルーブル秘密の近道

《ちょっとTrip:たくさん溜まってる過去旅をダイジェストで紹介します。 現地情報は最新を調べて更新してありますよ。》 世界三大美術館に数えられるルーブル美術館。絶対に外せないパリ旅の大人気スポットです。 フランス・パリ[…]

目次はこちら

行った人にしかわからない海外旅行情報を最新版で届けます。   私は現在、世界一周旅行進行中です。今まで200回近い海外旅行をしてきましたが、初めての世界一周旅行です。私の場合…仕事の合間を縫っての海外旅行なので、事[…]

プロフィール紹介

『自分だけの海外旅行に出かけよう!!』そんな情報ブログです。旅行計画を立てながらもっと情報が欲しい人、出発日直前になって今すぐ現地情報を確認したい、そんな人のために、少しでも役立てたいと願うサイトです。【最新情報:[…]

海外旅行情報を現地から届けます。
WorldTraveRunnerの海外旅行/最新情報をチェック!!
error: Content is protected !!