【LCC活用】世界一周旅行を中断して帰国。爆睡して帰りたいので Air Asia「プレミアムフラットベッドシート」。

 いよいよバンコクで乗り継ぎし、久しぶりの日本への帰国です。今回の搭乗便は Air Asia(エアアジア)、それもビジネスクラスを初体験となりました。

大混雑のLCCだから…ビジネスクラスの優先チェックインは地味に嬉しいサービスですね。

 エアアジアでのビジネスクラスは「プレミアムフラットベッドシート」という名称です。ANAのようなキャリア便のビジネスクラスのような個室は無いけれど、完全なフルフラットです。朝早く現地について、早速行動したいような時には、夜中のフライトをしっかりと眠れるのは大変ありがたいですね。他にもビジネスクラスの付帯は機内食1回、受託手荷物40kgまで無料、優先搭乗(これってLCCだと地味に嬉しいサービスです)等があります。

エアアジア便はドンムアン空港の出発です。ターミナルも大きいので間違えないように。
LCCはチェックインの長蛇の列も悩みの種ですね。
水戸黄門の印籠みたいな存在ですね「プレミアムフラットベッドシート」。

ドンムアン空港のラウンジはクレジットカード会社提携ラウンジが充実しています。

 ということで、まずは混み合う一般のチェックインのカウンターを横目に、専用の優先カウンターで楽々チェックイン。このあとは空港ラウンジと行きたいところですが…残念ながら専用のラウンジはありません。(クアラルンプールだけはプレミアムレッドラウンジがあります)そこで利用したのはカードラウンジ(プライオリティ&ダイナース等)です。ドンムアン空港にはMIRACLE LOUNGE(ミラクルラウンジ)とTHE CORAL EXECUTIVE LOUNGE(コーラルラウンジ)の2つのラウンジがあります。

【バンコク(ドンムアン)空港ラウンジ】
ターミナル1
THE CORAL EXECUTIVE LOUNGE:セキュリティチェック後。国際線出発エリア、3rdFloor、出入国審査後、ラウンジはVAT refund deskの隣にあります。
MIRACLE LOUNGE:セキュリティチェック後。国際線出発エリア、3rd Floor、出入国審査後、左に曲がります。ラウンジは「King Power Duty Free Shop」の向かい側にあります。
MIRACLE LOUNGE:セキュリティチェック後。国際線出発エリア、3rd Floor、出入国審査後、左に曲がります。ラウンジはDuty Free Shopの隣にあります。

■ターミナル2
THE CORAL EXECUTIVE LOUNGE:国内線出発エリア、出入国審査後「51-58ゲート」という案内表示の方に進み右側。アルコールはありません。
MIRACLE LOUNGE:セキュリティチェック後、国際線出発エリア。コーラルの隣りにあります。
MIRACLE CO-WORKING SPACE:セキュリティチェック前。ラウンジは4th Floorにあります。

リニューアルで素敵に充実!!
綺麗で落ち着いた 「MIRACLE LOUNGE」 。

 私が利用したのは、ターミナル1の「MIRACLE LOUNGE」です。出国審査後、手荷物検査を抜けて、右側に進んだキングパワーの免税店の隣です。免税品の受取カウンターが目印です。
 まだリニューアルしたばかりの綺麗で落ち着いたラウンジです。以前はコーラルラウンジの方が評判が良かったので、まだ新しいミラクルラウンジの情報が伝わっていないのか空いています。現時点では絶対の穴場ですよ。ホットミールは肉、野菜系の炒め物、チャーハンや焼きそば,スウィーツとメニューは多彩です。味も美味しかった。飲み物系もアルコールも揃っています。スパークリングもありました。
特に良かったのは一人用スペース。正面の少し奥待ったところにパテーションで区切られて、しかも椅子はオットマン付きなので、ゆっくりと寛げます。

以前は食事類の評判は…でも、今回は美味しかったですよ。ホットミール充実しています。
一人席でゆったりブランチ。充実のリラックス空間。

プレミアムフラットベッドシートは騒々しさからも隔離されたゆったり空間です。

 さていよいよ搭乗。エアアジアのプレミアムフラットベッドシートです。搭乗便はエアバス A330: Aタイプだったので席数は12席(6席×2列)でした。足元は相当広いです。選ぶなら最前列がいいです。さらに足元はゆったりしていて、通常の着席位置で足をいっぱいに伸ばしても前の壁には全然ぶつかりません。フルフラットにすれば、ほぼ完全なベッド状態です。枕やブランケットもエアアジアらしいレッドで統一されていてお洒落です。

LCCとはいえ、Air Asiaビジネスクラスは楽ちんのフルフラット・ ベッド シート。

足元も大空間、特に最前列は特等席です。早めの確保を。
名前の通りのフルフラット・ ベッド シート。 イビキをかきそうで心配です。

機内食は 期間限定のメニュー 「シェフホン・タイミーのINSPI(RED)バーガー」。

 食事類ですが、ミネラルウォーターが無料でつきます。機内食は1食分、私が選んだのは「シェフホン・タイミーのINSPI(RED)バーガー」。期間限定のメニューで、東南アジアにおけるHIV/AIDS対策強化プログラム支援のため、このバーガーの売上の10%は、グローバルファンドに寄付されるそうです。
 まず、箱からエアアジア・カラー。そして包装をあけると、バンズも赤いんです。味は…(紹介文では)タイ北部のエッセンスを効かせたレッドバーガーとのことです。ミンチになったチキンのパテで、味付けはトムヤンクン風でしたね。食べていくうちにジワっと辛くなってきます。飲み物はホットコーヒーより冷たい炭酸系があいますね。

ミネラルウォーターも1本つきます。
もう終わってしまっているかと思いますが、期間限定。
包み紙を開けてみると、本当に赤いバンズ。ちょっとエキゾチックなハンバーガー。

 なお、機内エンターテイメントはエコノミー席と同じで、座席にモニターはついていないので、オプションの端末「Xciteタブレット」をレンタルして映画等を観ることになります。料金は事前予約で59MYR(約1500円)、機内で69MYRです。私はせっかくだからプレミアムフラットベッドシートで爆睡し、旅の疲れをすっかり取りました。今回の航空券代は33,160円でした。旅行疲れを癒しながらの帰国便としてはおすすめですよ。

バンコク…アジア旅にも、さようならです。
次の記事に進む

行った人にしかわからない海外旅行情報を最新版で届けます。   私は現在、世界一周旅行進行中です。今まで200回近い海外旅行をしてきましたが、初めての世界一周旅行です。私の場合…仕事の合間を縫っての海外旅行なので、事[…]

WorldTraveRunnerの海外旅行/最新情報をチェック!!
error: Content is protected !!