【ユヴァスキュラ③】凍結して雪原になった真っ白い湖を歩いて渡る🐾青い空に煌めく樹氷も見つけました⛄

ヨーロッパ旅行の時にいつも飛行機の窓から楽しく眺める🛫日本から一番近いヨーロッパ


 ユヴァスキュラの街やフィンランドの湖水地方のこと、皆さんご存じですか?
 実は…ヨーロッパ旅行に行く人なら、よく見ている地域ですよ。ヨーロッパ便の北航路だと日本から出発した飛行機はフィンランド上空を通って目的地に降りていきます。だから、もうすぐ到着だなぁと思って覗いた窓からの景色がフィンランドって多いですよね。その中でも、青い湖や深い森、冬だったら雪原に包まれているのがユヴァスキュラあたりの湖水地方です
 私はパリやロンドンという人気観光地に行ってる時に、いつかはあそこ(湖水地方)に行きたいなと思っていました。そんな人多いと思います。そんな人たちのために、ユヴァスキュラ郊外のちょい散歩の紹介です。

ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 やっぱりフィンランドは一番近いヨーロッパですよね。トランジットにもとても便利です。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 フィンランド湖水地方、遠くに見えるのが北極海(バレンツ海)ですね。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 湖水地方の街、白い所は農地や湖でしょうか。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 冬のユヴァスキュラ湖。地元の人たちは雪原となった湖をスキーや歩いて渡ってますよ。

ユヴァスキュラちょい散歩🐾⛄冬の湖に行って凍結した湖面を歩いて渡ってみよう

 ユヴァスキュラの”ちょい散歩一周旅”の出発はユヴァスキュラ駅からです。駅はホテルからすぐ目の前、そしてその駅の2階にある跨線橋の通路を渡ると湖側に出ます。
 こちらは”ルタッコ(Lutakko)”と呼ばれる地区で、21世紀に入って開発されたユヴァスキュラの新市街地区です。元は湿地帯だったのですが、1900年代に入ると造成され企業も進出し街が形成されてきました。現在は湖を臨む眺望の良い高層マンションや文化施設が立ち並び、ユヴァスキュラの新市街の顔となっています。

 今回の1日ちょい散歩コースです。冬だったので凍った湖の中まで歩いていますよ。
「ユヴァスキュラ駅」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ホテル出発、まずは駅を目指します。たった1分ですが…。
「ユヴァスキュラ駅」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ユヴァスキュラ駅の交差点から北方向。この先に政府庁舎や警察署があります。
「ユヴァスキュラ駅」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ユヴァスキュラ駅です。1987年に竣工された歴史あるこの駅は、 建築家ブルーノ・グランホルム(Bruno Granholm)の手によって建設されました。 グランホルムはフィンランド鉄道の創成期を担った著名な建築家で、彼の設計した駅舎はフィンランド国内に数多く今も残っています。
 その後2001年に建築家Harris&KjisikとPetri Rouhiainenの設計により、バス・ターミナル等とも統合され、現在のようなモダンなデザインの駅へと生まれ変わっています。木製の外観は初代の駅舎の面影を残すようで、初代駅舎は現在もホーム横敷地に保存されています。
「ユヴァスキュラ旧駅舎」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ユヴァスキュラの初代駅舎がソコスホテルの前の敷地に保存されています。 建築様式は当時主流であっや”ロマン主義”の木造建築です。現在はサロンに改装され市民の憩いの場になっています。
「ユヴァスキュラ駅」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 駅前の”鹿のオブジェ”。駅舎の外観と同じ木製でフィンランドらしいデザインですね。
「ユヴァスキュラ駅」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 フィンランドではチケットオフィスがある駅は少ないです。窓口で直接旅の情報も集められますよ。
「ユヴァスキュラ駅」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 駅に隣接して長距離用のバスターミナルも併設されています。
「ユヴァスキュラ駅」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 旅行客を中心に賑やかなみどりの窓口。
「ユヴァスキュラ駅」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 駅舎の中は吹き抜けが開放的でとても明るく、色合いもフィンランドらしいですね。
「ユヴァスキュラ駅」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ”KALPIS”はユヴァスキュラ街中にも数店舗あるコンビニ店です。ちょっと親しみやすい店名ですね。
「ユヴァスキュラ駅」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
「ユヴァスキュラ駅」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 駅舎の2階に設置されている跨線橋(連絡通路)、湖側に渡ることができます。
「ユヴァスキュラ駅」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 連絡通路も雪国らしく明るいガラス張りです。
「ユヴァスキュラ駅」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 連絡通路を過ぎると反対側のルタコ地区です。道の先にもう湖が見えますね。

民家の庭木にキラキラと光る樹氷❄⛄✨冬の朝のユヴァスキュラの散歩では新しい発見があります

「シャウマン合板工場」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 長い間ユヴァスキュラの経済を支えていたフィンランド最古の合板工場 ”シャウマン(Schaumanin vaneritehdas)”です。1912年に操業を開始したこの工場は1960年代初頭ににはヨーロッパで最大の木製パネルの生産量を誇る企業に成長しました。しかし、街の成長拡大とともに住宅街が迫り、共存が難しくなった工場はサユナットサロ(Säynätsalo)に移転することになり1995年に閉鎖されると、街はこの地域を再開発地区として決定し、新市街へと変わっていったのです。
 現在、 シャウマン合板工場は記念館として保存され、工場前の庭には創業者のウィルヘルム・シャウマン(Wilhelm Schauman)の銅像が設置されています。
「シャウマン合板工場」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。

 冬の朝のユヴァスキュラの散歩では新しい発見があります。温暖な海の近くで育った私は、初めて庭に生える”樹氷”を見ました。ルタコ地区を歩いていると、公園の草木がキラキラと光っていて樹氷?になっているんです。湖が近いせいか、夜の間に凍り付いた樹氷が朝日を浴びてとても綺麗ですよ。

ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 朝から公園で元気に遊ぶ子供たち。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 庭木に近寄ってみると”樹氷”でした。湖が近く湿度が高いせいなのか、一帯に広がっていました。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ここにも樹氷、まるで白い綿毛のようですね。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 樹木についた氷(霜?)が風が吹くと舞い上がって、陽の光にキラキラと輝いて美しかったです。

空の青さと雪の白さが眩しい⛄❄街のシンボル”ユヴァスキュラ湖”は対岸まで続く一面の雪原

 シャウマンの合板工場を過ぎると、目の前に湖が広がります。ユヴァスキュラ湖(Jyväsjärvi)です。冬は湖全体が氷結してして雪が積もり、ただただ広い真っ白な雪原です。朝は特に…昇ってきた太陽が、北欧独特の澄み切った青い空を通し白い雪原に反射して、美しく輝く世界です。ちょっと感動しますよ。 
 実はユヴァスキュラ湖はフィンランドで2番目に大きいパイヤンネ湖の北端でもあるんです。 パイヤンネ湖を渡りキュミ川(Kymi)を通り、延々と約380㎞も流れはフィンランド湾へと注がれるのです。まさにフィンランドを縦断し国民の生活を支える大切な水源の始まりになっているのです。

「凍結し雪原となったユヴァスキュラ湖」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 冬のユヴァスキュラ湖、氷結した湖面を雪が覆い大雪原になっています。
「凍結し雪原となったユヴァスキュラ湖」「凍結し雪原となったユヴァスキュラ湖」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
  朝日が北欧独特の澄み切った青い空を通し白い雪原に反射して、美しく輝く世界ですね。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 湖の中に歩き出しました。右側がルコタ地区、橋を渡った対岸は新興住宅地のクオッカラ地区です。
「凍結し雪原となったユヴァスキュラ湖」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。

ユヴァスキュラ湖の21世紀マンハッタン計画となったルッタコ地区🏣🏬🏤湖を臨む新市街

 ユヴァスキュラ湖の北岸に広がる街がルコタ(Lutakko)地区です。21世紀に入って始まった新市街の中心地です。主要産業だった合板工場の跡地を引き継いで開発されたこの地区は、ユバスキュラパビリオンやユバスキュラ応用科学大学の情報技術研究所などの文化施設や商業施設、誘致された複数のIT企業を中心に高層のマンションが立ち並び、活気ある街になっています。今このルコタ地区は”マンハッタン”とも呼ばれていますよ。

「新市街ルコタ」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
  この人達も観光客かなぁ?雪合戦して遊んでいました。
「新市街ルコタ」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
「新市街ルコタ」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ルコタ地区のマンション街です。どの部屋も湖向きで南向き、眺望と日当たり抜群です。
「新市街ルコタ」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 部屋にはそれぞれガラス張りのサンルームがせり出してます。眺望抜群の暖かい部屋なんでしょうね。
「新市街ルコタ」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 こんなサンルームで湖の四季を眺めながら過ごすのも素敵ですね。
「クオッカラ橋」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 クオッカラ橋まで来ました。橋を渡らないで湖面を歩いて渡る人もいるんですね、足跡が続いてます。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 この先につながるのがフィンランドで2番目に大きいパイヤンネ湖です。夏場には湖畔の港から湖水地方をめぐる船が出航しています。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 氷雪に包まれたユヴァスキュラ港(Jyväskylä Harbour)。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。

”ランタライッティルート”って知ってますか?人が安全に楽しく自然に触れ合う公認コース🏃‍♀️🚴‍♂️

 フィンランドではランタライッティルート(Rantaraitti)というスポーツコースが認定されています。定義はフィンランドの海岸線等の水辺に沿ったルートで、ハイキングおよびサイクリングのための公認コースです。
 ユヴァスキュラ湖のほとりもランタライッティルートとして整備され、車との交差点も最小限にし、安全な周回が楽しめるようになっています。ランニングゾーンは冬でもしっかりと除雪されていました。 公式のホームページには目的別に最適なルートの紹介がされていますよ。

 ユヴァスキュラのランタライッティルートの公式HP©
 夏のユヴァスキュラ、手前が市街地、奥にユヴァスキュラ湖が広がります。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ランタライッティルートは自転車と歩行者の通行のためのコースです。除雪もしっかりされ、安全に通行できます。湖の途中で渡る橋の選び方により、トレーニングにあった距離が選べます。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 氷雪に囲まれたユヴァスキュラ港の桟橋、この船が出港できるのは5月頃でしょうか。(3月末撮影)
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 こんな船に乗り、湖水地方を巡りながらバルト海まで行ってみたいですね。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 連絡船のようです。夏にもう一度来て湖面遊覧を楽しみたいですね。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ランタライッティルートは子供たちの散歩コースにもなっていました。フィンランドのランタライッティルートとはただのランニングコースではなく、人々が安全に楽しく自然に触れ合う最適な環境を整備しようとする、国の優しい政策を感じました。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 夏場は賑わうボート桟橋。次はこの桟橋につながるボートを撮りに来よう。

橋の下で誰かがブランコしてる?🧐?不思議な男の姿を発見

 ユヴァスキュラ湖を一周して帰ろうと歩き出した時に、クオッカラ橋の下に人影を見つけました。この寒い冬空にブランコしてるんです。気になって近づいていくと…
 そこに飾られているのは「ブランコをする人」の芸術作品でした。現地の報道によると、作者はセッポ・ウランマキ(Seppo Uuranmäen)のもので、彼はユヴァスキュラ郊外のコルピラハティ出身の芸術家です。モデルとなったのはフィンランでも有名なマジシャンのホセ・アホネン(Jose Ahonen)らしいです。2002年に作られこの作品はグラスファイバー製で自動車と同じ塗装で覆われています。しかし20年もの歳月の日焼けでだいぶ傷んで色も薄くなっていて、そろそろ改修の必要があるようですね。

「橋の下にブランコの男」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 クオッカラ橋の中央に吊り下がっている”ブランコ”が見えますか?
「橋の下にブランコの男」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ちょっと近寄って1枚📸誰かがブランコに乗ってますよね。
「橋の下にブランコの男」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 もう少し近づいて1枚📸リアルだけど、やっぱりブランコに乗った人形ですね。その後帰国して、日本のテレビ番組でも紹介していたのを見て、ちょっと自慢気になりました。
 地元の情報誌”Suur-Jyväskylä”に編集長のSami Rahkonen氏が作品について寄稿しています。©Suur-Jyväskylä

湖の中央に位置するクオッカラ橋の愛称は”Happy Line”🌉市民が行き交う架け橋です

  ユヴァスキュラ湖の真ん中にあるクオッカラ橋(Kuokkalan silta)によって対岸の街クオッカラ地区(Kuokkala)やケッカラ地区(Kekkola)に繋がっています。このあたりは美しい湖とユヴァスキュラの街並みが望めることから、邸宅からマンションまでが立ち並ぶ人気の新興住宅地となっています。現在ではユヴァスキュラ大学の数学自然科学部も新設され、さらに急成長して活気ある注目の地区です。

ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 クオッカラ橋越しに閑静な住宅街 クオッカラ地区とケッカラ地区が見えます。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
  クオッカラ橋で渡ってみました。雪面には橋を渡らずに、地元の人達が歩いて渡っている近道ができてますね。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 朝のクオッカラ橋にはユヴァスキュラ市街に向かう地元の人たち、大学に通う学生達が多いようです。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 橋の中央部からユヴァスキュラ市街中心部に向かいます。左側に港、右側がルコタ地区のマンション街です。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 街の中心部に入るための連絡橋(Kilpisen Silta)。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 こちらもガラス張りで開放的です。街中で線路を越えられる跨線橋はこの橋と駅の2ヵ所です。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 真正面に見える木製の建物が保存されている初代駅舎です。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 鉄道を跨いで旧市街へ、正面奥に駅舎が見えます。線路はこの先にサンタクロースの村のあるロヴァニエミ(Rovaniemi)へと続いていきます。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ユヴァスキュラ市庁舎が正面に見えます。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 オーロラを背景にしたユヴァスキュラ市庁舎©公式
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 Kilpisenkatu通りに戻ってきました。車が急に増えます、ここから市街地です。

中心街を囲む周回道路を歩きます🐾住宅地につながり地元の人達にも触れ合ってみました

 湖の散策を終え、ユヴァスキュラの中心街に戻ってきました。繁華街を囲む周遊道を歩いてみます。外側はそれぞれ住宅街やユヴァスキュラ大学などの大きな施設へとつながっています。

ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ユヴァスキュラの一般的な集合住宅、日本の公団住宅みたいな感じですね。やっぱりガラス張りのサンルームがあります。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 駅構内にある北欧建築の家、お店ではないので駅職員の宿舎なのかな?
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 Kilpisenkatu通りを上るとキルコプイスト公園(Kirkkopuisto)が広がっています。19世紀初頭に建設されて以来、市民の憩いの場となっています。
「ルーテル教会」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 公園の中のトリア広場の中心にはレンガ造りのルーテル教会(Jyväskylän kaupunginkirkko)があります。
「ルーテル教会」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 南側からのルーテル教会。1880年にフィンランド中部では最初の石造りで建設され、ロマネスク様式とゴシック様式の両方を持つ特徴あるデザインです。近寄って見ると、丸いアーチ型の窓と豊かなレンガの装飾がとても素敵です。
 室内の祭壇画は、フィンランでも有名な画家フレデリク・アールステット(Fredrik Ahlstedt)とその妻ニーナ(Nina)によって描かれました。イエスが祝福するのはユヴァスキュラの子供たちで、 靴職人クッカネンの娘と商人であるヘニネンカトリの娘の二人なのだそうです。
「ルーテル教会」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 北側からのルーテル教会。尖り屋根が周りの針葉樹の林によくマッチしていますね。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 Yliopistonkatu通りに出ました。この通りの右側が市街地、左側に森林地帯が広がります。
「ユヴァスキュラリセオ高等学校(Jyväskylän Lyseon lukio)」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ユヴァスキュラリセオ高等学校(Jyväskylän Lyseon lukio)です。ユヴァスキュラ大学を中心として学園都市として評価されるこの街の歴史を支えてきたのがこの高校です。1858年に設立されると一般分野に加えて、自然科学や海外交流など専門分野に特化した指導方針が実を結び、現在ではフィンランドでもトップクラスの高校の地位を得ています。

緑深い針葉樹に綿帽子のような白い雪、真っ青な空に映えて…眺めてるだけで癒やされる🥰🌈

ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 森の方へ入っていくとハルジュ(Harjun)の尾根地帯になります。この頂上にはヴェシリンナ展望台(Vesilinna Observation Tower)があり、街のランドマークになっています。松林が続き緑が多く市民のオアシスです。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 緑深い針葉樹に、綿帽子のような白い雪、それが真っ青な空に映えて…眺めてるだけで癒やされるフィンランド。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
「JJKフットボールクラブ」ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ハルジュの森を歩いていると、突然開けたところにでます。そこはハルジュ競技場(Harju Stadion)です。そしてこの競技場は地元のサッカーチーム”JJK Jyväskylä”のホームスタジアムでもあります。
 JJKフットボールクラブは現在フィンランドの3部リーグ”Kakkonen”に所属しています。2009年から2013年にはプレミアリーグ(Veikkausliiga:1部)にも所属し、UEFAヨーロッパリーグにも出場するほどの強豪でしたが、最近は不振のようですね。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 周辺の住宅街を歩いてみましょう。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 皆さんフィンランドの冬歩き3点セットを身に着けてますね。耳隠しの帽子、スパイク靴、それにサングラスですね。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ヘルシンキは青い空と真っ白い雪に陽射しが反射して、とても眩しいです。赤ちゃんだってサングラスをしてベビーカーに乗ってますよ。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ユヴァスキュラでは土地にも余裕があるのか、住宅は必ず南向きの日当たりの良さを確保して、サンルームを備えてますね。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 冬場のドーム型のスポーツセンターは市民たちで賑わっています。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。

ショッピングにグルメ、地元で人気のお店を紹介します📑📌

ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 中心街の北端にある大型ショッピングセンター”Kolmikulma”です。この写真は専門店街の正面ですが、建物はこの奥にずっと広く、街の1ブロックすべてが1つの建物です。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 街角にある”K-Market”。K-Marketはフィンランド全国に展開される有名な人気の小売チェーンです。大きさや取り扱い商品によって3タイプに分けられていて、K-Marketは一番小さなコンビニタイプの店舗です。もうひと回り大きいスーパータイプの中型店が” K-Supermarket ”、最も大きいコストコタイプが”K-Citymarket”と名付けられています。フィンランド旅行の際はうまく使い分けてくださいね。
”Jyväskylän Kebab”ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ヨーロッパを旅していると必ずと言っていい程あるのがケバブ・レストランですよね。ローカルフードではないけど、初めて行った街で食に困っ時は、ケバブ店に飛び込めばあまりハズレは無いですね(私の経験ですが)。値段も安いし、ボリュームもあるし、味も日本人好みで。ユヴァスキュラでもありました”Jyväskylän Kebab”。私はこの店に入ったことありませんが、GoogleMap評価は現在4.3でしたのでご参考に。
ケバブ・レストラン”Jyväskylän Kebab”©公式
”SOHWI”ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ユヴァスキュラで2番目に伝統あるパブ・レストラン”SOHWI”。ユヴァスキュラ大学も近いこともあって賑わっている雰囲気でした。
 レストラン”SOHWI”©公式
”Kulttuuriravintola Ylä-Ruth”ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 ユヴァスキュラ最古の伝統あるパブレストラン”Kulttuuriravintola Ylä-Ruth”。ここも大学が近く若い人たちで賑わってます。味も雰囲気もいいです。ライブハウスとしても地元で人気のレストランです。
 Kulttuuriravintola Ylä-Ruth©
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 北欧らしい夜、日没の時刻は1月は午後3時、4月は午後8時。7月には午後11時にもなり、日中の長さは20時間近くにもなります。まさしく白夜ですね。
ユヴァスキュラの旅(Finland)おすすめランキング。World TraveRunner(ワールド・トラベランナー) 今回は「冬のユヴァスキュラ湖を歩いて渡る」の紹介。ユヴァスキュラは湖水地方の玄関口、この街を拠点に緑深い森や紺碧の湖を巡ります。
 飛行機雲も真っ青な空にとても映えます。自然を身近に楽しむ街、それがユヴァスキュラです。

ユヴァスキュラ旅(前編)へ

湖水地方の玄関口「ユヴァスキュラ」へ鉄道の旅🚞切符の購入方法を窓口もネットも解説します。 フィンランドと言えば、深い森と神秘的な湖が象徴するような自然の美しさですね。そこで今回はヘルシンキから郊外へ、フィン[…]

目次はこちら

行った人にしかわからない海外旅行情報を最新版で届けます。   私は現在、世界一周旅行進行中です。今まで200回近い海外旅行をしてきましたが、初めての世界一周旅行です。私の場合…仕事の合間を縫っての海外旅行なので、事[…]

プロフィール紹介

『自分だけの海外旅行に出かけよう!!』そんな情報ブログです。旅行計画を立てながらもっと情報が欲しい人、出発日直前になって今すぐ現地情報を確認したい、そんな人のために、少しでも役立てたいと願うサイトです。【最新情報:[…]

海外旅行情報を現地から届けます。
WorldTraveRunnerの海外旅行/最新情報をチェック!!
error: Content is protected !!