【クアラルプール】②とても充実して乗りやすくなったKL市内交通網を全部紹介します。

空港からクアラルンプール市内へ。
鉄道、シャトルバス、タクシー…初心者目線で解説します。

 まずは市内中心部(ホテル)へ。移動方法は次の通りです。
鉄 道         
「KLIAエクスプレス」と「KLIAトランジット」の2路線があります。KLIAエクスプレスが急行の直通で、KLIAトランジットは途中に3駅程停車します。片道55MYR(約1350円)、往復で100MYRです。
空港バス    
「Sky bus」は「KLIA/KLIA2」から「KL Sentral」駅まで片道11MYR(約270円)往復20MYRです。所要時間は約1時間となっていますが、渋滞に左右されやすいです。(クアラルンプールの朝夕の渋滞は酷いです)
タクシー   
「クーポンタクシー」と「メータータクシー」があります。東南アジアですから旅行初心者はクーポンタクシーを利用した方が(少し割高ですが)安全です。到着ロビーのタクシーカウンターで行く先(ホテル)や人数、荷物を告げクーポンを買って下さい。あとは空港出口にある乗り場で乗るだけ。追加料金はありません。所要時間は約1時間、料金はだいたい150MYR(約3700円)です。
配車アプリ「Grab」
配車アプリは東南アジアでは「Uber」が撤退してしまったので、現地では「Grab」を利用して下さい。使い方はUberと同じです。ただ、最初の登録に手間取ると言う情報が多くあるので、事前にダウンロードと登録をしておいた方が良いと思います。

市内を循環する無料のシャトルバス「GO KL」は4路線。
ブラブラ歩きには最適です。

ここで、旅行期間中にクアラルンプール市内の旅行で役立つ交通事情を補足します。
①公共交通機関  
 公共鉄道が充実しています。「Rapid KL」という政府出資の会社が市内&近郊の鉄道、メトロ、モノレール、バスをまとめて運行しているので、大変便利に利用できます。営業時間は朝6時頃から深夜は路線により23時から24時頃迄です。時刻表は Rapid KL のホームページで確認できますが、私は旅行中はもっぱら「Google Map」の経路検索です。メトロやモノレールは数分間隔で運行しているので、移動する時点で検索して、早い出発に合わせるのがクアラルンプール流の移動法だと思います。料金は、鉄道系は1駅1.5MYR(約40円)からです。バスは一律1MYR。
 「交通費を安く済ませたい」という人には、市営の無料シャトルバス「GO KL」がお薦めです。市内中心部で4路線が運行されていて、人気の観光地や主要SPOTを巡っています。渋滞状況によって到着にバラツキがありますが、なんといっても無料ですからね。

中心部を走る無料シャトルバス「GO KL」。主要観光地やSPOTは停車しますよ。

市内メトロの券売機での切符の買い方マニュアル。
小銭を用意してください。

使用言語の選択。日本が無いので、まあ英語かな。
行く先駅を選びましょう。アルファベット検索ができます。
チケット枚数の選択。
ここが問題!最後の支払いです。高額紙幣に「×」印ということは使えないよ!という意味です。

全部まとめて便利になった「 Myrapid TnGo Card 」。
旅のお土産にもなるから使ってみよう。

★公共交通IC乗車券「Myrapid TnGo Card」
クアラルンプールの交通機関には次のものがあります。
* LRT(近郊の中距離鉄道線)
* KLモノレール(市内中心部の短距離線)
* MRT(新設の市内中心部の短距離線)
* KTMコミューター(近郊の長距離鉄道)
* KLIAエクスプレス&KLIAトランジット(空港線)
 そして、これらをすべて乗車できる交通カードが「Myrapid TnGo Card」です。日本でいうSUICAやPASMOのようなものですね。以前はバラバラだった交通機関と交通カードシステムが最近統合されて便利になりました。「Myrapid TnGo Card」1枚あれば手軽にすべての交通網が利用できます。カードは初回の発券時に5MYRがかかります。あとはチャージ料です。発券場所も主要駅には自動販売機が設置されています。(以前はカードも「MyRapid Card」とか「Touch’n GO Card」とか複数あり、発券所もバラバラでした

「Myrapid TnGo Card」 は最近は主要駅にほとんどあります。画面を選ぶだけ。

★旅行者用観光パス「KL travel pass」
短期間の旅行者のための乗り放題切符です。
クアラルンプール国際空港とKLセントラル間を結ぶ高速鉄道「KLIAエクスプレス」の乗車券と、クアラルンプール市内の鉄道に2日間乗り放題のチケットに、IC乗車券「Myrapid TnGo Card」機能が付いたパスとなっています。3日以上滞在する場合は追加のチャージをすれば引き続き使えます。KLIAエクスプレスの片道券がついて 70MYR(約1700円)。往復券付きで 115MYRです。発券場所はクアラルンプール国際空港(KLIA、KLIA2)と KLセントラル駅のみです。

★電車利用時の注意
大型駅での行先の注意:同じホームなのに(日本でいう)上り下りが両方来ます。注意しないと逆方向に連れていかれてしまいます。必ずホームの行き先電光掲示板を確認して下さい。たまにブログに書かれている「○番ホームに乗って下さい」を鵜呑みにして、間違わないようにして下さい。
乗り換え時の注意:たくさんの路線があるので便利ですが、(慣れないと日本以上に)乗り換えが複雑です。路線図で乗り換え駅となっていても、結構距離があったりします。その乗り換え通路の案内看板がわかりにくいので、間違って次の駅まで歩いてしまう失敗が私でもありました。

とても評判の悪いマレーシアのタクシーに、安心して乗る方法教えます。

②タクシー  
 タクシーは割安で目的地までまっすぐに行けるので、蒸し暑い炎天下での移動には賢い選択だと思います。ただ、外国でのタクシーはボラれるから怖いと思っている人も多いですよね。だったら、タクシー会社を選べば安心です。特にマレーシアのタクシー事情は酷いですから気を付けて!(気になる人はググってください)
 クアラルンプールのタクシーには大きく次の2種類があります。
バジェットタクシー:ノーマルなタクシーです。基本的にメーター制です。色は基本的には赤白です。
ブルータクシー:ちょっと高級なエグゼクティブ・タクシーです。色はその名の通りブルーです。

 普通に乗るなら、バジェットタクシーです。でも悪名高いクアラルンプールだからボラれる心配があります。ボラれないようにするには…絶対に乗る前にドライバーに「メーターを使うのか?」を確認してくださいフロントガラスに運賃表(TEKSI BAJET)が貼ってあります。それを指さして「メーター OK?」と必ず聞きましょう。「YES」と返事が無かったら乗らないことです。楽しいマレーシア旅行も一瞬で暗い想い出になるはずです。
 海外旅に慣れていない人は、ブルータクシーに乗ってください。少し割高(バジェットの約2倍)ですが、安心して乗れます。ブルータクシーは大きなホテルに待機していますので、ドアマンに誘導してもらえれば安心です。割高といっても日本に比べれば安いです。絶対にブルータクシーをおすすめします。

空港からクアラルンプール市内にKLIAエクスプレスを利用して移動します。

 私は、朝の交通渋滞を避けたかったのと、ホテルが駅近だったので鉄道移動を選びました。空港施設内にある「KLIA/KLIA2」駅から「KLIAエクスプレス」に乗車して「KL Sentral」駅に向かいます(約30分)。そこでメトロの5番(GOMBAK行)線に乗り換えて「Ampang Park」駅で降車しました(約15分)。
 

市内へ直行のKLIAエクスプレス乗り場は空港ターミナル1階です。
案内板が数多く掲示されているので、それが目印。
直行の KLIAエクスプレス と各駅停車はホームが別です。でも到着にそんなに差はないですよ。
KLセントラル駅に到着。大型ショッピングセンターが隣接していて便利です。

 駅を降りて地上に出るとすぐ前にホテルが、今日宿泊の INTERCONTINENTAL KUALA LUMPUR(インターコンチネンタルホテル)です。

次の記事に進む

行った人にしかわからない海外旅行情報を最新版で届けます。   私は現在、世界一周旅行進行中です。今まで200回近い海外旅行をしてきましたが、初めての世界一周旅行です。私の場合…仕事の合間を縫っての海外旅行なので、事[…]

WorldTraveRunnerの海外旅行/最新情報をチェック!!
error: Content is protected !!